水素水選び方|水の素口コミは?効果は?水素サプリメントおすすめ

水素水失敗しない選び方

水素水には多くの製法があります。
電気分解、バブリング、膜溶解法、最近ではナノバブル製法といった水素生成方法があります。

 

どのような製法で水素水が作られたのであれ、一番重要なのは安全性と効果ですよね。

 

どの会社も水質の安全性には気を使ってますので、それは心配ないですが、問題なのは水素効果。

 

水素は地球上で一番抜けやすい分子ですので保存容器は非常に重要です。

 

 

以下の様に保存容器には種類があります。

ペットボトル
アルミ缶
アルミパウチ

 

この中で一番水素が抜けづらいのはアルミパウチです。

 

水素水を購入する時はアルミパウチ入りをお選びください。

 

ちなみにペットボトルの容器は充填時に1.6ppmの水素が溶け込んでいても、いざ、ご家庭で飲む時点では0ppmとなっている可能性が非常に高いです。

 

また、最近では7.0ppmや3.0ppmといった通常より圧力をかけて充填直後の数値を上げている商品もありますが、開封直後に

 

一気に水素が抜け結局は1.6ppm以下に収まります。

 

さらに濃度が高くとも1.0ppmの水素水と1.6ppmの水素水は効果が変りません。

 

その理由として、体が摂取できる水素の濃度は0.4ppm程度なのです。

 

約6割程度は、使われずに呼吸や尿によって排出されるのです。

 

つまりご家庭で飲むときに1.0ppm確保出来ている水素水が優秀な水素水と言えるのです。

 

話は戻りますが。アルミパウチの容器は現在4層構造になって非常に抜けづらい構造になっていますが、飲み口のプラステック部分よ

 

り水素が抜ける可能性もあります。

 

その飲み口を無くした水素水や飲み口を工夫している水素水もありますので、そういった水素水を選ぶと、賞味期限ぎりぎりまで飲

 

めなくても水素含有量がまだ豊富にあるでしょう。

 

賞味期限ぎりぎりでも、1.0ppmは欲しいところですが、0.8ppm程度の濃度が最低ラインだと言われています。